2014年10月8日水曜日

菊枕 カモミールのアイピロー

アイピローづくりは、最後の仕上げはもちかえってやっていただくことになりました。
その様子の画像も高村さんからいただきましたので、ご紹介します。

お持ちの布の目がざっくりめだったので、細かい織りの生地に入れ替えたそうです。



当日は、シルクの方がいなかったのですが、ぜひシルクでもつくってみてくださいね。
菊の着せ綿は、絹の綿です。

飲み物は菊の寒露(シロップ漬け)。下戸の方が多いので、今年はお酒をもっていきませんでした。でもお酒もとってもおいしいですよ。


菊の花に対して、春の桜、ということで、桜寒天も少しお出ししました。
対で、季節を感じていくのも、お節供のおもしろさです。



カモミールはとても手に入りやすいハーブですし、お子さんにもたいていはお飲みいただけます(キク科アレルギーの方以外)。
眠りつきにくいときは、カモミールのお風呂や、ティーで、ゆったりしましょう。

※すべて高村さん撮影です。

1 件のコメント:

  1. はじめまして。
    佐川印刷株式会社の小野と申します。

    このたび、お願いがございまして
    ご連絡させていただきました。
    (ご連絡方法がわからず、
    コメント欄への書き込みになってしまい申し訳ありません)

    弊社にて、京都にある大覚寺が発刊している
    『月刊嵯峨』といういけ花情報誌を制作しております。

    その中の、「季節の歳時記」というコーナーで
    「重陽の節句」を取り扱う運びとなりまして、
    菊枕を紹介しようとしています。

    つきましては、
    「巡る庭ーミドリノ」で紹介されている
    菊枕(作成中)の写真をお借りしたく存じます。

    突然のお願いで大変恐れ入りますが
    ご検討いただけますと幸いです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ▼sak-ono@spcom.co.jp

    返信削除