2018年2月14日水曜日

ふきのとう爆発?

立春すぎてふきのとうが爆発的に育っています。
北国でも雪の下で、うずうずふきのとうがうずまいているんでしょうね、ただ雪がおおすぎて出てこられませんねえ。

冬眠から目覚めたくまさんがいちばんに食べて、うん○をしてきれいさっぱり春に向かうというふきのとう。
雪国のクマはまだ夢の中。

巡る庭名物のふきのとう。
クマではないけど、もう春だから、食べて目覚めましょう。

今日の写真はともくんをオンブするゆきえさん。
(キャプションも)
来年の春にはともくんもふきのとうをつむことができますね。

今日も北側のササをカットしたり、小枝を拾ったり、剪定したり。
旧暦師走のお掃除です。
新芽が大きくなる前に、伐るとらくです(気持ちも。。。)


ふき

あやしげな、でも、気になるお花(なんでしょうか?)



赤えんどう わたしがこのお庭ではじめて種まきしたもので、育っててうれしかったので
(そうでしたね! 育つとうれしいですねえ、初夏にはおいしいお豆になります)

来週は、ひきつづき笹カットや剪定などして、できればコンポストの中をワタのところにうつしたいと思っています。
21日水曜日を予定しています。

2018年2月10日土曜日

14日水曜日午後から庭仕事予定しています

きのうは、雪でだいぶ草が少なくなったところで、
笹カットや枯れ木拾いをしました。
枯れ木は柴刈りというか、ほんといい薪のはじめになりそうで、
このまま捨て置くのはもったいないくらい。
またいつか里山のほうにもっていって、焚き火にしたいもの。

ふきのとう、人生初につまんだ二才後半の女の子。
あんちゃんが、白黒猫の名前をつけてくれました。
しばらく悩んだすえ、
サラリーちゃん! ですって。

次回は、水曜日14日 午後から。
チョコの日ですねえ。




2018年2月8日木曜日

9日金曜日午後から庭仕事しています

雪国にとじこもっておりまして、急のお知らせとなりましたが
明日お庭仕事しています。
1時半以降からとなりそうです。

2018年1月31日水曜日

氷わり

子供たちが凍った地面をほぐしてくれました。

雪が融けて水になって流れて、また凍って、つるつるになります。
一見、ぬれているだけかなあと思って、普通に歩くと、つるり。

学級閉鎖で、風邪をひいてなくて元気いっぱいの子たちのエネルギーが、
そんな雪と凍りにむかいます。

梅がちらり。

クリスマスローズの蕾がふっくら。


南側ではミモザは咲きそうなほどに。

はじける灸花の実(ヘクソカズラといいますが。。。)


事務局のやさしいお姉さんが雪国にむかう日の東京。

みんな、それぞれにそれぞれの場所で生きています。

:::::
来週は水曜日ではなく、金曜日か土曜日に庭仕事の予定にしています。

2018年1月30日火曜日

明日水曜日午後一からお庭仕事します

うー、ぶるぶる東京はさむいですね。
というのは、さきほど神奈川県郊外の「雑草園」から帰ってきたのですが、
いつもは東京のほうがあったかいのに、
雪がとけてなくて、保冷剤の街。。。
ひろびろとして南側がひらけているところは全部雪がとけていました。
混みいった都会の街のほうが雪がとけないんだなあ、と知りました。

また雪の予報ですので、明日はその対策もかねて、庭仕事をします。
道が凍らない工夫、お庭の草木で何かできるでしょうか?


2018年1月26日金曜日

クスノキが月桂樹の上にかぶさって

今回大木で折れたのは、現状では、
ねずみもち、くすのきでした。
月桂樹はクスノキがかぶさって、背の高いところが折れ曲がりました。

佐藤さんからの写真で、状況を。

体育館との境界のところです。
けっこう折れましたねえ。


木をみあげる子


 あいちゃん、冷たい雪に「いたい」ってときどき泣いてたけど、手袋はしたくなかったのです。

2018年1月24日水曜日

ワタ雪??

東京にしては大雪で、
寒波もきているので道が凍っています。
IIDの駐車場も一部つるつる。
みなさま足元はご用心くださいね。

今日は、小さな女の子と、折れた木のお片付け。
せっせ、せっせと運びました。
あんちゃん、いっしょにしてくれてありがとう。

月桂樹が折れたので、みなさんにお持ち帰り用としてエントランスにおきました。

次回は、折れたクスノキの葉を採取して、衣替えの樟脳のように使えるようにしましょう。
31日水曜日(皆既月食の日)の午後からを予定しています。

::::::::::::::

綿雪のときに、綿糸つむぎ、なんて風流ね、といってられないほどの雪となりましたが、
ぎりぎりセーフで種子とり〜糸紡ぎの練習ができましたね。
ほっとしております。
世田谷在住の方は、徒歩や自転車で往復。
以下、さやかさんの撮影です。


二年分のIIDワタ
手で種をとるのはたいへん
でもワタくり機をつかうとするする
ひろこさん
 
綿糸つむぎの実演もしてくださいました。