2012年8月9日木曜日

ニホントカゲのしっぽのごとく

藍染めをしはじめたころ、塚田さんが
「ニホントカゲのしっぱみたいに手が真っ青に」といいました。

藍で手が染まると、光沢のあるブルーになるから、爬虫類っぽいですね。

それ以来、ニホントカゲを見ると藍染めを連想します。
画像は秦野ですが、IIDにもいます。




















どうしてしっぽだけこんな色なんでしょう。

今日は藍草の根元にケルプパウダーをおきました。
染めの当日に少しは葉色がよくなるように。
(あら、トカゲの視線を感じたような。。。気のせいかな)

8/19日(日)藍の生葉染め、まだご参加できます。
子供心のある大人の方もどうぞ!











庭仕事の予定 ++
8/11日土曜、晴れたら7:30〜8:30まで水やり、暑さの様子を見て11時ごろからお昼はさんでソバの実収穫など。
延期の場合は、12日のワークショップの前にソバ実収穫。

    




1 件のコメント:

  1. 世田谷ものづくり学校での「学校園」。明日は旧暦七夕のワークショップですが、19日はキッズワークしょっぷで藍染めです。この時期だけのフレッシュな青をいただいてみてください。青い手は子ども達も大好きです。しばらく爪だけ色が残るので、それが気になる方は手袋を。スクスクと藍が育っていますよ。

    facebookへの投稿からコピー↑

    返信削除