2012年4月10日火曜日

TEARFUL EYE  4/29花壇工作のお知らせ


宮沢賢治を草花で描く「TEARFUL EYE 涙ぐむ目」


と題して、4/29日(雨天順延)IIDアプローチで花壇工作をします。

宮沢賢治は花壇づくりを「花壇工作」とよんでいました。
彼の作品にはたくさんの植物動物鉱物がでてきます。
難解といわれる心象スケッチの数々は、
わたしたち自身がじかに天然自然と交感する感触によって
わたしたちなりに読めていけます。

それは年を追ってかわったり深まったりして
終わりのない旅のよう。

筑摩書房 宮沢賢治全集より


宮沢賢治が残した「メモフローラ」ノートのアイディアスケッチをもとに、Tearful eyesを植物で描きながら、彼の童話や詩の世界にもぐっていきましょう。


1 件のコメント:

  1. 4月29日に世田谷ものづくり学校で、宮澤賢治の「花壇工作」より、"teaful eye"(涙ぐむ目)の花壇をつくります。賢治のデザインを少しアレンジして、花はブルークローバー、桔梗、藍、スミレなどの青や紫の花を皆で植えます。既に枕木の縁はできているので、あの有名なレンガ組はやりません。賢治の文章も少し読んでみます。これはここを訪れる皆さんをお迎えする花壇でもあり、また、それを見送るひとみでもあります。青い花壇、みなさん作りに来て下さい。
    詳細はこちら→http://setagaya-school.net/Event/3633/

    返信削除