2016年7月16日土曜日

蚕には桑、藍には愛を!

今日は、お世話している蚕が五齢に達したという二人が、桑の枝を剪定してくれました。
葉っぱは蚕に、
枝の皮ははいで、冬の紙漉き用に。
(ご自分で紙料をつくって保管して、持参した方には紙漉の会割引ありです!)
まだまだ剥げますので、ふるっておはぎください!


藍、植えた時期が遅かったのを少しずつ挽回へ。
今日は自作発酵スプレーを葉面散布。

しかし、壁側の丸葉藍は、違う場所に移植したほうがいいかも、
と思い始めています。

来週は19日火曜日の夕方に庭仕事をする予定なので、
そのときに移植かどうか判断します。

++++
20日から24日まで、石田が出張と所用のため、しばらく東京を離れます。
その間の藍のお世話、どうぞよろしくお願いいたします。

++++

7/23.24日の剪定は、すばらしい庭師さんが朝から夕暮れまでしていますので、
詳細を知りたい方は塚田有一さんまでお問い合わせください。
学校園 塚田 <hikarionsitu@yahoo.co.jp>
ガーデンデザイナーの作法も見られるチャンスです。
途中参加だけでもいいので、いつでもいらしてくださいね。

+++

今日も夕暮れのプルンパーゴのブルーがにじみ、
ラベンダーは香りまでにじませて。

満月にむかうおぼろの月は、夕食に家人と半分こしたよせどうふとそっくりで、、、。


みなさまどうぞ、体の声をきいて、無理せず、この梅雨明けの日々をお過ごしください。



0 件のコメント:

コメントを投稿